アカバナーの原種

Log Days…
今帰仁までの野暮用で出かけた先で…。
用を済ませ、そそくさと止めた車の方に歩いていた。

いや、そのつもりだったのだが、どうやら道筋一本間違えてしまったような…。
そう気が付いた辻の角。
古民家のお宅の門からすぐの庭の茂りに見える、なにやらと書かれた短冊形の木札。

静かで、お留守のような、そうでないような気配なのだが…。
木札の文字が気になって仕方ない。

「御免下さい」…と小声で断わりを入れたつもりで、野良猫の歩様よろしくそ~っとお邪魔した。

「ハイビスカスの原種」と書かれた木札で納得。

DSC07776.jpg

ただ…。
「アカバナー」と呼ぶハイビスカスの原種(在来種)はその名の通り赤い花だけだったはず。

これまで浅はかな知識ばかりで…。
どうやら間違いだったよう。
さながら葉っぱの形も改良品種とは違う。
なにか実をつけたかの袋様のものもあったり…。

拝見させて頂くその間…。
「へぇ~」「へぇ~」の繰り返し…感嘆が思わず声に。

重ね重ね無断のお断りをしながら数枚をパシャリ、パシャリ…。

にしても、道に迷うのもたまはいいものだ。

DSC07780.jpg DSC07779.jpg
DSC07775.jpg DSC07774.jpg

nopin-4.jpg
BLGRKG.jpg
 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
満更でもないできごと | Home | ”Pin”とか”Repin”とか御免を蒙る…
このページのトップへ