スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「沖縄大好きっ!!」的な皆さんへ…

Log Days…
表題からは結びつきそうもない…。
「自動車登録番号標」つまり「ナンバープレート」が関わる話を書こうと思う。
でも…。
ラグビーW杯や東京五輪特別仕様ナンバーとか、横浜、練馬東京、名古屋ナンバーのアルファベット付番号…。
そんな話題ではない。

おそらく…。
異議百出の元にもなる内容かも知れないが、それを承知で書こうと思う。

NBPL.jpg

道を走れば…。
やはり特徴的な観光立県さながらに”わ”と”れ”ナンバー…。
駐留米軍には私有車の”Y"に”A”や”B"ナンバーに、軍所有車(業務用以外)のE、H、K、Mなど、多くは見掛けないが…居る。
それにしても、沖縄ナンバーに混じる”地名ナンバー”の種類の多いこと…。
つまり「他府県ナンバー」の多さに目を見張る。

本土の都市部でさえ、あまり見かけないナンバーもここには走っていて…。
「えっ!あんたそんなところから来たの?」的な疑問が直ぐに浮かんでしまう。

他府県ナンバー車に、沖縄県人が乗っているのは特別な事情以外にはないはずだが…。
やはり、移住者や長期滞在者と一緒に渡って来た車がほとんどではないかと推察する。

自動車に税金が課せられるのは誰でも知っていて当たり前だが…。
あえて言うならば…。
①自動車重量税は、新規登録と車検(基本は年1)の時に課せられる税金…で、国税(普通税)。
②自動車取得税は、新規購入か譲渡契約した時に1回発生する税金…で、地方税(都道府県税)。
③自動車税は、総排気量や積載量、乗員数区分別に決まった額を年1回課せられる税金…で、地方税(都道府県税)。
④自動車税の内、軽自動車税は…地方税(市町村税)。

これらは、”車検証上の所有者”に課せられる。
車検証には、所有者、使用者名と、車の主たる保管場所つまり車庫証明を登録した場所が記載され…。
軽自動車の場合は定置場所の住所が記載されていて、この書類で一元化して管理されている。
この記載内容を変更しない限り、納税請求書は車検証の宛先に送付される仕組みがある。
また、請求書の送付先の変更届だけで転送が可能。

つまり…。
所有者がどこに転居しようと車を移動しようとも、税収だけは確保できるから、収入元にすれば有難い話で…。
住民票を移動するシステムとは関連していない。

移住者、長期滞在者も含めて…。
従前のまま、他府県ナンバー車を沖縄に移動してからの場合。
現住所に送付される請求書通りに支払えば後は、納税先の国に各都道府県に振り分けられる。
沖縄で車検も受けられる。

少し前のテレビ番組で…。
とある移住者が特集され、沖縄大好きパワー全開で自慢気に、ウチナーンチュ以上の沖縄愛を語っていたけれど…。
その映像の片隅に、明らかに登場人物の所有であろう車が2台…。
残念なことに関東方面らしきナンバーだった。

SNS界隈でも、同じような場面に遭遇する度に、”本当??””どこまで好きなの?”と…。
密かに疑うワタシである。

以前、ワタシが移住者だと知って近寄って来た方々に質問したことがあるのだが…。
「どうして今でも他府県ナンバーのままなのですか?」
その返答に相槌すら打てない悲しさばかり…。
ほんの一握りの意識だろうけれど…。
・移住者のステイタスシンボルです。
・お仲間を繋ぎ、助け合うための目印です…移住者専用IDだとでも言いたいのか。
自分の別格さを顕示したい…そんな浮つきも見え隠れした。
自分の金で土地、家を買い固定資産税を払い、住民税さえ納めればどこに住もうが自由と言い切った御仁にも会った。
無論、そういう方々と縁が続くはずもない。

方や、日本に駐留する米軍軍人・軍属の所有する私用車に対する税金は優遇されている。
確か…自動車税は5ナンバーで7500円、軽は3000円…地位協定の産物。
大まかな数字だが…。
沖縄県内の駐留軍人軍属が所有する車は約25000台。
仮に、これら対する自動車税を県民並みで算定すると6、7憶円程度になるらしい。
徴収しようにもどうしようもない現実。
県の財政からすれば減収に違いない。

登録地が違おうと、自動車税もきっちり納め、自分の金で燃料も買い、自分の所有車でどこでどう乗り回ろうと自由。
確かに、とは言えだ…。
沖縄に住むと決め、腰掛で移住した訳でもないだろう…。
相当長期に滞在するかもしれないし…。
住民票を移した次いでに、車も新しい居住地に登録を変更してはどう??
そんなに高い手続き料でも手間でもない。
沖縄に住む身、生活のあちこちで、税金で運営される色々な行政サービスも受けているはず。

結論的に何が言いたいか…お分かり頂けたのかも知れない。
自分の所有する車から発生する税金。
その税収の沖縄分(地方税)にちょっと思慮を巡らせるのは如何なものでしょうかね…って話。

ワタシは行政の回し者でもなんでもない。
ただ40数年前、学生の時代、自分探しの放浪期に宿った沖縄への移住の夢を果たして今に至る。
ウチナーンチュは良く「イチャリバチョーデー」と言い、初対面でも一限でも受け入れてくれる…。
じゃぁ自分は、その見返りにどう考える…ってことじゃないかとワタシは思っている。

BLGRKG.jpg
 にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄県情報へ
        にほんブログ村 地域生活(街) 沖縄ブログ 沖縄 その他の街情報へ


ホントに久しぶりの「ヤッタぁー!!」なできごと | Home | [ふでおろし]…の締め
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。