スポンサーサイト

スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年季モノのFlagをBoardに仕立てた…Eddie Bauerの記念品

Log Days…
アウトドア衣料の老舗「エディ・バウアー」は今では経営者も経営理念もすっかり変わってしまった。
日本支社が開設される以前から、当時FAXだけの時代から直接通販で購入していたのだが…。
とっくに商品には魅力を感じなくなったけれど会社は今だ健在だ。

創業1920年、75周年の記念品で1995年に貰った木綿の旗がある。
この旗は、アメリカのショップで直接手に入れ、以来大切に保管していたのだけれど20数年ずっと箱の中。

黄ばんだコレをなんとか表に出したいと、この際ボードにして飾ることにした。

朽木の趣を出す様にワイヤーブラシッングでグレインを際立たせ、板の端部はソウイングで痛めた。
なんやかんやとエージングの小細工を重ねて古木の味を…もちろん裏側は生素材のまま。
タンニン顔料で下地を染めてクリアワックスで磨き出して完成。

古びた風に画びょうを細工して、なめし革を広げた風に固定。

DSC07256.jpg DSC07255.jpg

DSC07258.jpg

22年振りに思いが復活。
シンボルフラッグが壁のど真ん中にド~んと落ち着いた。

BLGRKG.jpg

 ブログランキング・にほんブログ村へ


リユースの追憶トロフィ | Home | Ageing Wood…MACのスーベニアが飾りたくて…。
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。