パパイヤ…そこの鳥たちせめて1個は食わせてくれ!!

Log Days…
必ずとは言えないが…。
沖縄の、特に田舎のお家にはパパイヤが植わっている。
少なくても1本…。

パパイヤを見る度、ウチナーンチュの生抜こうとする心構えの強さにつくづく思う所がある。
台風に干ばつに…そんな気候風土に耐えうる生活の中からの知恵…。

ワタクシも…。
その先人たちの心根に少しは近づきたい願いの気持ちを一番に、植栽も兼ねて1本を植えた。
お陰でしっかりと根付き大きく育ち、毎年実を付けてくれる。

パパイヤに野菜系と果物系があるのは知っていて、野菜系も熟せばフルーツで味わえると分かっていながら…。
しっかり選んだのは、「フルーツ・タワー」という品種だった。

名前にそそのかされたことは間違いない。
思わず、タワワに実る風景を連想してしまったから…。

それが大失敗の元だった。

熟す季節の度に悔しい思いを繰り返す。
野菜系の品種ならその時間も稼げようものを熟すタイミングも早すぎる。
なにせフルーツタワーなのだから…。

食べごろ…。
「明日には収穫しよう」と思った次の日にはもう遅い。
目ざとい連中にやられてしまう。
そこら中から突かれてこの有様。
朝早く、騒がしく群れる奴らの鳴き声にシマッタ!!の繰り返し。

PPY-1.jpg PPY-2.jpg

PPY-3.jpg

ここ最近、我が家のパパイヤを頂けたことがない。

手頃に熟したパパイヤにパッションフルーツをどっぷり船盛して食したい!!

おい!!そこの鳥たち…。
頼むからせめて1個は食わせてくれよな。

BLGRKG.jpg
 ブログランキング・にほんブログ村へ


ノベルティ旧古復活を望む…伊右衛門 | Home | Root Beerに賞味期限は無縁だったぞ!!
このページのトップへ