「糞詰まり」解消に吉報!!

Log Days…
タイトルに品格がないのは分かっています。

でも、これが内容の説明的には一番適当だと思ったので…ご容赦下さい。
イメージ画像も、前回いつだかに使ったもので、はっきり言って手抜きです。

BNZA.jpg

ワタクシ、昨日までの2日間、お通じに大変苦労しておりました。
野菜重視の食事を心がけてはいるものの、あまり繊維質の多いのも逆効果だと聞きます。
例えばキャベツとか…。

メタボな上に、更にお腹の張りが重なると、とんでもなく苦しくなります。
お水を補給して動いてはみたものの、さほどの効果もありませんでした。
豆類、中でもピーナッツを食べると改善された経験があるのですが即効性はありません。

そうこうする内に…なに風に大腸に動きあり…催しそうな気配!

便器のセンターを確認し着座完了!!
そして2分…。
しかし、お腹の中では動きは感じられるものの一向にお出ましがありません。
更に2分…。
出ないものを待ちわびても、用事もあるので座ってばかりはいられません。
とうとう不発のまま、中断することにしました。

そして、ここから先が実態レポートの骨頂です。

御用を足したその後始末。いつものようにウオッシャーのスイッチオン。
適度な勢いで紛れもなく”菊の御紋”目掛けて水噴射!!

その直後です!!

つい先ほどまで、おそらく門の裏まで到達していたであろう一群が、モゾモゾと動揺を始め…。
不覚にも「おぉっ!!」と声が漏れたに続いて、一群の隊列が落下し始めましたのです…続々と。
それから先は、自然落下の法則に身を委ねるのみ…。
ほとんどのブツが排出されたと思われ、窪みに山盛り満タンの状態を見て心からの安堵。
暫く放心し、感服さえしたのです。
あの晴れ晴れしさは久しぶり!!でした。

あっぱれ!!洗浄ノズルの噴射パワー

「程よい刺激で”極点”を刺激し、そして大腸のぜん動運動を誘発助長して、来る成果をもたらした」
こう書いて、表彰状でも贈りたい。

動物の生態で…。
犬や猫の赤ちゃんは、指先でお尻を刺激して排泄を促してあげます。
他の動物も、お母さんが舐めてあげたりします。
未発達の臓器機能を補うのです。


ワタクシ、犬のブリーダーの経験もあるのですが、すっかりそのこと忘れてました。
ここで活用できたとは!もっと早く気が付けば良かった!
後悔と新発見と知見の蓄積と何やら複雑な感動を味わったのでした。

もしもの便通不良に陥った時、あるいは長く便秘症でお困りの方。
この「糞詰まり」解消法……お試し頂いては如何でしょう?
ワタクシ身を以って体験致しましたので、若干の責任はご負担致します。

尚、その際の注意点として…。
①洗浄水の勢いは「中程度より上」にすること。
でも高過ぎて「刺激が強いのも逆効果」痛みが先走ります。
②温水機能が付いているほうが良く、「人肌に近い温水」が心地良い刺激を助長する。
「冷水は逆効果」”菊の御門”がヒヤッと縮かんで二度と開こうとはしません。
まるで貝のごとく…。

以上でございます。

P.S.
※本文中に”菊の御紋”とか”極点”と表現している場所は、ご想像の通り”アソコ”です。
もし、ご不明な向きは鏡で以って一度ご確認頂ければ幸いです。

BLGRKG.jpg
 ブログランキング・にほんブログ村へ


独りバカ問答  | Home | 「エイサー」がトップ!!
このページのトップへ