本家「ペンネの水漬け・カルボナーラ風」…

Log Days…
支那そばの水漬けが殊の外成功したことに味を占め、今更ながらパスタの水漬け…。

スパゲッティにするかペンネかラザニアか…どれかに悩んだ挙句。
中間どころのペンネを選定。

本来の茹で上がり時間は9分タイプ。
ボールに適当な水とペンネ投入。

MZM2.jpg MZM5.jpg 

これが2時間放置の水攻め状態。
水を吸ってふやけて色は白く、フニャフニャに…。

さて今回はこのままが素材…つまり茹でない…つまりほぼほぼ生パスタ。

傍らでソースを作り、完成のチョイ手前で水漬けペンネを投入。
…と、白くふやけた裸体が熱が加わると、だんだん淡い褐色帯びた透明に…。

冷蔵庫に有り合わせのチーズに卵にと適当に混ぜ込んでカルボナーラ風?
フライドオニオンも加え、みじん切りパセリを振りかけての…男飯はこんなもんだが味は偽りなし。
塩梅良くソースを絡めて5分もすれば出来上がり!!
シンプル・ベスト!!

MZM7.jpg

結句、水漬けを事前に並行してさえおけば、その間はクリティカルパスには影響しない訳である。
要するにソースを作って絡める時間のみ!!
レトルトソースを使えば更に簡単この上なし。
合理的!!

それよりも、やっぱり釜玉の時と同じあの”もちもち感”がなんともイイのである。

同じ小麦粉を使う乾麺ならすべてがどうにかなるようだ。でも蕎麦はどうだか…。

BLGRKG.jpg
 ブログランキング・にほんブログ村へ



"アベベ・コーヒー”というスペシャルドリンク | Home | 漢那ダム…空撮/The Landscape
このページのトップへ