ニューなナイフ

Log Days…
現役時代の職業柄…ナイフを、特にアウトドア仕様のモノを使うことが多かった。

その最初が、スイスの「Victorinox・Centurion 」のRed Rubber Handleだった。
それからはなんだかんだと増えて…10本を数える。

関(愛知県)の”ヒロナイブズ”Brandが大好きで3本。
ヒロの最高傑作、「ニューヨーカー」も1本。
実用を優先するから使い分けるのだが…そんなに高価なものはない。
1丁、精々2、3万。
ただ、その中でテキサスの友人がプレゼントしてくれた「Mintの Hunting Knife」はシリアルナンバー付きの限定品。
こいつはお宝かも…。

KNF2.jpg KNF3.jpg

確か2000年頃、中国のどこか田舎で作られるナイフがアメリカで評判になった…そんな噂を聞いた。
ただ、その頃には、フィールドよりもインドアで管理業務の時間が多く、ナイフを多用することも無くなっていて…。
さほど興味も湧かなかった。

だったのだが…。
17年も経った今に、改めてその魅力を思い知り、ど~しても手に入れたい衝動に駆られて…しまった。
「We Knife」…(ウェナイフと読むらしい)。
Yangjiang, Guangdong,China…中国、陽江市にあるOEMが得意そうな町工場。
ただ、日本には正規代理店もなく、国外のディーラーを探るしかない。

手に入れたいのはコレ!!
「Model 618-B」…We Knifeのオリジナルブランド。
渋い!!鋭いブレードエッジが、さすが蛮刀を思わせる異常さだ!
それに、オイラ好みのサムアクション。
KNF1.jpg

Overall Length: 8.6”(218mm)
Blade Length: 3.9”(100mm)
Blade Thickness: 0.16”(4mm)
Blade Material: Bohler M390
Blade Hardness: HRC59-61
Handle Length: 4.7”(118mm)
Handle Material: 6AL4V Titanium 
Lock Type: Frame Lock
Weight: 86g / 3.05oz

お値段は送料別で$299。

やはり!!こういう場合に頼れる強い味方はTexan(テキサン)以外になし…。

だが「銃刀法」がある…。
「殺傷能力のある刃渡り15cm以上の刀、槍および長刀、刃渡り5.5cm以上のダガーナイフを含む刀剣類」
これ等を所持することは原則禁止だし…。
輸入する場合には所轄警察署の許可証または所轄教育委員会の登録証が必要なのである。

このナイフの刃渡りは3.9”(100mm)だから大丈夫…。
とは言え、昔~し痛い経験があって…。
通販で刃渡り12㎝ほどのカービングナイフを輸入した時にさえ通関出来ず、警察の呼び出しを喰らったこともある。
通関スタッフ…敵は税関にも居るのだ…。

書類審査を軽くパスできるインボイスの書き方がある。
一応、そのようなテクニックとか注意をくどくどと書いてテキサンには送ったのだが…。

どぉ~なることか、万事スムーズに行くことを祈るばかり。
無事に手にしたあかつきには、いずれご披露することに…。

看板も挨拶から書く??… | Home | 屋部寺超有名…遅かりし初参拝に随分遅めの初詣
このページのトップへ