オハコの”スモア”

Log Days…
なぜ、名護には「マシュマロ」を売ってない?!
あそこも、ここも、あっちにも・・・。
オン・シーズンだというのに一軒にくらい置いててもいいはずなのに。
探す宛を間違ってるのか?

愚痴はさて置いて・・・・。

オイラには、秋から冬のキャンプで必ずの十八番スイーツがある。
マシュマロはその重要な材料なのだ。

沖縄でもやっと肌寒く感じる日も多くなってきた。
そんな風に吹かれる日もいい。
小雨が降る日でもいい。
小さな10坪ほどの庭だけどそこにタープと1人用のテントを張る。
合成布1枚で仕切られただけ、雨風を遮断したそこに生まれる異空間。
・・・天国。

人は誰もが、身動きも不自由なほど窮屈で、小さな空間に閉じこもりたい、そんな衝動をきっと持ち合わせている。
暗い押し入れに隠れて過ごしたガキの日の思い出も・・・。
お袋の胎内で過ごしたあの時間の記憶なのだ。

最初はかじかんでも、自分の体温が少しずつ充満して心地よいリビングに様変る。
そこでいつもとはちょっと違うお茶の時間を過ごす。
この時期、最もの楽しみのなのである。

その絶妙のシチュエーション到来の日のために、あのオハコの用意をしておこうと思い立った。
北米やカナダで焚火を囲み、アウトドアスイーツと言えば欠かせない。
木の枝に刺したマシュマロを焚火で焼いて・・・これも悪くはないがフツーなのである。

そのオハコは「スモア」。
”Some more(もっと頂戴!)”・・・それだけ美味しい!!
サムモアがサモア、スモアに、・・・口語が変化したという雑話。
ちなみにだが”Somre”とは書かない。”Some more”と書いてスモア。

アウトドアレシピだから使う材料は面倒であってはダメ。シンプルが基本。
  ・マシュマロ(プレーン)
  ・板チョコでもチョコチップでもヨシ
  ・プレーンクラッカー   
この3つがベース。
嗜好を変える時は・・・。
牛乳を少々だけ加えることもある。
大人向けにはビターでとか、チョコの種類を選ぶ。
砕いたミックスナッツを、ドライフルーツを混ぜることもある。
ちょっと邪道にはなるけれど・・・チーズも相性が良かったりする。

SMRE.jpg

という訳で、先ずは一番大事なマシュマロ探しにあちこちしたというお話。
結局、北谷まで南下して・・・。

女々しいがクリスマスナイトなんて良いかも。
ではいずれ、最高のシチュエーション到来の折、その具合を・・・。

お天気最高!…だからスモア! | Home | 2年振りの饅頭街道…”那覇三大まんじゅう”
このページのトップへ