スポンサーサイト

スポンサー広告

ワイヤーワーク Vol.4:サーフボード

Log Days…
さて、造形細工の始まりです。先ずはサーフボードから…。ボードの製作にはステンドグラスのテクニックを使います。<型紙(パターン)とマーキング>代表的な種類とサイズ別のモデリングパターンです…ショート・ミドル・ロングそしてフィッシャーテール。左側のパターンはサーファーの人形(ひとがた)…トールサイズとスタンダードサイズ。バルサ材に形を転写・カットしてマーキング用の型紙を作ってあります。大判の板ガラスを小片...

ワイヤーワーク Vol.3:マテリアル

Log Days…
今回ご紹介するのはメインマテリアル…主要な材料です。<ステンドグラス用の板ガラス>厚さ3㎜程のカラーガラス。本格的な作品には輸入ガラスの高級なグレードを使いますが、この細工ではスタンダードなモノを使っています。<銅線とチューブ、銅板>銅線は2㎜と3.5㎜をメインに使います。銅チューブは外径2㎜、銅板は0.5㎜。チューブがフィギュアの胴、銅線は脚と手、これでサーファーの骨格を作ります。ハンダはすずと鉛...

ワイヤーワーク Vol.2:ツール

Log Days…
さて今回は、細工に使う道具の数々をご覧いただきます。<上段・左の画像>カッターマット上に並んでいるのは板ガラスを切ったり削ったりする道具類右から…。ガラスカッター/ザグザグ/グロージングブライヤー(ナマシヤットコ)/ランニングプライヤー/ハンマー<上段・右の画像>板ガラスの周りに銅箔テープ(コパ―テープ)を巻いて貼り付ける道具類右から…。コパ―テープサーバー/金切りハサミ/木製つけベラ/ローラーフォイラー(スム...

ワイヤーワーク Vol.1:はじまり

Log Days…
「ワイヤーワーク」…。”針金細工”とでもいっておきましょう。ワタシの趣味の一つ、金属の線をを使った小細工をこれから数回に渡ってご紹介したいと思います。興味のある方は完成までの一連に是非、お付き合いください。どんなものを目指すのか…。先ずは完成品の一部をちょっとだけご覧いただきます。  ワタシのマリンスポーツはシーカヤックが専門で、サーフィンは未経験甚だしいのですが、海やビーチを共有する仲間としてすごく...

久々、大満足の日々…Amazon Fire TV

Log Days…
我が家のテレビはSONYのBRAVIA・液晶42インチ…。忘れもしないGoogle社が一方的に、SONY製品の一部に搭載された「YouTube機能」に対してサービス提供を終了し…。2013年製のBRAVIAもその対象になってしまい、以来、「YouTube」はパソコンでしか見ることが出来ずにいたのだが…。モニターのサイズにしても音質にしても物足りなさが募るばかり…。ご存知のAmazonの「Fire TV」は…。インターネット配信されるデジタルオーディオやビデオ...
このページのトップへ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。